RECENT ARTICLES

DA PUMP Review 04 … 4DP、4年間の集大成【Da Best of Da Pump】
DA PUMPが再ブレイク中とのことらしい。”約3年半ぶりのDA PUMPの新曲「U.S.A.」が、週間デジタルシングル(単曲)で2位(2.4万DL)、週間シングルランキング9位(1.3万枚)にランクイン。売上枚数で見るとトップテン入りは、2004年9月に発売された「胸焦がす … 」以来、実に約14年ぶりのトップテン返...
内海和子 02 … 秋元さん、もう少しタイトル捻られなかったんですか?【20歳】
Review1987年2月に発売された、おニャン子卒業記念となる2ndシングル。存在自体すっかり忘れていた …後年、本人が「デビュー曲より全然売れてなくて悲しかった」と悔しかった心情を素直に吐露したように、売上的には散々な結果に終わった曲。楽曲自体は、20歳前後の恋愛心情を素直に綴った爽やかなポップスで、伸びやかな内海...
PANTERA Review 03 … ケツドリルでメタル界をぶっ挿してやったぜ【FAR BEYOND DRIVEN(脳殺)】
歌謡曲が大好きな私ですが、時にはそれ以上にメタルが大好きになることが時たま起こります。ストレスが蓄積した時とか、むかついて仕方がない時に愛聴する精神安定剤のような存在であるメタル、気が向いたら名盤をレビューしていきたいと思っています。まずはPANTERA様だ!逃げんなよ!1994年3月にリリースされたメジャー3rd、イ...
国生さゆり 03 … 女優色はんなり【ノーブルレッドの瞬間】
Review1986年8月にリリースされたくになまさん3枚目のシングル。自身も出演した、カネボウ化粧品1986年秋のキャンペーンイメージソングである。おニャン子を取り仕切るリーダーというか「ボス」くになまさんが3枚目に放ったシングルは、カネボウ化粧品という超大型なタイアップを獲得する。このあたりから少しずつ女優としての...
小林麻美 08 … タイトルだけで白飯食える【雨音はショパンの調べ】
Review1984年4月にリリースされた8作目のシングルで、自身唯一のヒット曲及び首位獲得曲及びベストテンランクイン曲。ヨーロッパ諸国で爆発的にヒットした、ガゼボの「I Like Chopin」をカバーした作品。この楽曲はですね、もう … 余裕でガゼボの原曲超えとか、イントロのシンセアルペジオが降りしきる雨だれを上手...
Wink 06 … 和製ユーロからの脱却【One Night In Heaven ~真夜中のエンジェル~】
Review1989年11月に発売された6枚目のシングル。パナソニックマックロードムービーのCMソングに起用され、CMには本人達も出演。3作連続で続いていた「和製ユーロビート」から一転した本格的なファンクナンバー。作曲者のクレジットが英語なので、一見すると「またカバー曲かよ?」と勘繰ってしまうが、実はこのシングル、カバ...
YMO 07 … 目標は「シブがき隊」です!【君に、胸キュン。】
Review1983年3月にリリースされた7作目のシングルで、YMO自身最大のヒット曲。カネボウ化粧品TゾーンエッセンスCMソング。YMOとくれば「ライディーン」に代表されるようにインストバンドのイメージが強い。また3者共に「作曲家」としてアイドルに提供した曲が大ヒットをするといった職業作家の一面もあったので、まさか「...
工藤静香 05 … 当時のツッパリ達のフェバリット【MUGO・ん … 色っぽい】
Review1988年8月に発売された5枚目のシングル。カネボウ’88秋のプロモーション・イメージソングに起用され、CMには本人も出演。工藤静香の代表曲の1つであり、この曲の大ヒットで当時のアイドル四天王どころか、歌謡界の頂点にいた明菜様までも抜き去った、事実上歌謡界のトップに君臨した瞬間でもある。この曲の...
福永恵規 03 … 自分にエールを送るようで痛々しい【僕達のRUNAWAY】
Review1989年3月にリリースされた、おニャン子卒業後初となる3作目のシングル。作詞はデビュー作、2作目から引き続いて秋元康がペンを取り、作曲には福永のシングルでは初起用となる後藤次利といった福永にとっては初の「黄金コンビ」によるシングル。ミディアムテンポなロック調をベースにしたポップスで、イントロ及びアウトロの...
少年隊 12 … 徹底的な光GENJIとの差別化【じれったいね】
Review1988年11月に発売された12枚目のシングル。このシングルからちょうど1ヶ月後に、ビッグバンド風に様変わりしたアレンジ違いのピクチャー盤が13枚目のシングルとしてリリースされたが、超絶にクソ曲なのでピクチャー盤の紹介は割愛する。前作「What’s your name?」で久々に「ショーネン」ら...