小林麻美 08 … タイトルだけで白飯食える【雨音はショパンの調べ】


Review

1984年4月にリリースされた8作目のシングルで、自身唯一のヒット曲及び首位獲得曲及びベストテンランクイン曲。
ヨーロッパ諸国で爆発的にヒットした、ガゼボの「I Like Chopin」をカバーした作品。

この楽曲はですね、もう … 余裕でガゼボの原曲超えとか、イントロのシンセアルペジオが降りしきる雨だれを上手く表現しているとか、徹底的にダークとか、アンニュイな麻美様の囁くような歌声とか色々押さえるべきポイントがあるんだけど、「I Like Chopin」を「雨音はショパンの調べ」という邦題にしたユーミンの卓越した素晴らしきセンスに脱帽。これしかない。「気休めは麻薬」という隠喩も痺れる。
平凡なごく一介のパンピーには絶対に思い付かないこの邦題は、さすが多摩美出身で呉服屋の娘だけあるわ。

この時期のユーミンはまさしく神領域。自身が歌う曲は、時折スマッシュヒットを放つくらいで大ヒットには恵まれなかったものの、聖子一連のシングルの作曲を筆頭に、原田知世の「時をかける少女」の作詞作曲、薬師丸ひろ子の「Woman~Wの悲劇」の作曲など、職業作家として脂が乗りまくっていた時期。

ちなみにユーミンが歌う「雨音はショパンの調べ」はこれ
最初に聞いた時は壮絶な衝撃を受けたが、今改めて聞いてみるとこれはこれでありかな、と。

ていうか全然小林麻美のこと書いていないんだけど … 正直全然知らないしテレビでも歌唱披露がなかったので、書けというのが難しいのが正直なところ。


Chart

レコードセールスは最高1位(3週連続)、売上は約52万枚という大ヒットを記録。
有線から火が付き、ジワジワとランクアップと売上を重ね、最終的には首位に到達する。

ザ・ベストテンにおいては初登場16位。1週間を置いて初登場7位。
以下最高3位、最高獲得得点8,000点代、通算9週のランクイン。
レコードセールスの大きさに対していまいち得点が少ないが、これはランキング要素の1つであるはがきリクエストが異常に少なかったからだと思われる。その他3要素においては上位をキープしていた。



Memories

初聞きは、さよならザ・ベストテン時の出演者紹介での出演拒否のコーナーにて。
呪文のように流れる歌と共にいきなり、

ドドン。
上の静止画画像が出てきて「何このケバイBBA」と思ったのが、麻美様との初の出会い。

そして高校生になりふとこの曲を思い出して、近所のレンタルCD屋で借りたのが、このシングルが収録されている「CRYPTOGRAPH 愛の暗号」というアルバムの廉価版。これがいずれこの場でレビューしなければと唸らせるほどの名盤で、当時嫌になるほど聞いていた思い出がある。

ちなみにデビュー当時は超絶に美少女アイドルだったことは、ネットが普及した頃にはじめて知った。
70年代のアイドルって、概してビジュアルがレベル高すぎだよな。


雨音はショパンの調べ/小林麻美
B面:Lolita Go Home
発売日:1984年4月21日
発売元:CBSソニー

<O社>
・最高位:1位
・売上:約523,000枚

<ザ・ベストテン>
・最高位:3位
・ベストテン登場:9週
・ベスト20登場:14週
・最高獲得得点:8,013点

<ザ・ベストテン推移(折れ線グラフ)>
・1984.06.28 16位 ?点
・1984.07.05 11位 5,696点
・1984.07.12 07位 7,576点
・1984.07.19 08位 7,146点
・1984.07.26 07位 7,569点
・1984.08.02 03位 8,013点
・1984.08.09 04位 7,726点
・1984.08.16 05位 7,293点
・1984.08.23 06位 7,003点
・1984.08.30 08位 6,806点
・1984.09.06 09位 6,333点
・1984.09.13 13位 5,606点
・1984.09.20 12位 4,956点
・1984.09.27 20位 3,170点

※関連動画はこちらから。




Score

※Internet Explorerで閲覧すると埋め込み式のpdfが表示されないようなので、ブラウザをGoogle Chromeに変更するか、こちらからpdfを直接ダウンロードしてください。


08_amaotowa_chopin_no_shirabe_score

※スコアを直接ダウンロードする場合はこちらから。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)